• 子ども科学実験教室

国立科学博物館刊行誌の監修を担当しました

国立科学博物館刊行誌『milsil(ミルシル)』科学冒険隊の監修を担当しました。テーマは、「洗うんじゃない!石けんで遊ぼう」で、水の表面張力と界面活性、石けんを用いた簡単な演示実験などを担当しました。 …

続きを読む


ついついやってみたくなるあの実験:活動PR動画つくりました

ラボのPRとして、youtubeなどで人気の実験をいくつか連発で紹介しました。ついついやってみたくなるおなじみのあの実験ですが、指導者の管理のもとでしか実践できないものが多いです。関心のある方、ぜひご …

続きを読む


電波でスイッチを入れる装置をつくりました

電子ライターをカチッとさせるときに発生する電波をアルミ球が感知(実は化学反応が起こります)して、回路に電気が流れるようになるというものです。手作り重視で、工作用紙やLED、アルミホイルなども、材料から …

続きを読む


理科教育ニュース「噴火モデル」の監修をしました

子ども向け科学メディアとして日本最大級の「理科教育ニュース(少年写真新聞社)」の記事を担当しました。今回は、セッコウと重曹、PVAを用いて火山の噴火モデルをつくるという実験です。特に、PVAのりを加え …

続きを読む


蒸気船をつくりました

1月活動報告:アルミパイプを曲げて、スチロールの台に固定します。ろうそくの火で加熱し、発生した蒸気で推進力を得ようとするものです。素材から手作りで完成させることができました。

続きを読む


金メッキにチャレンジ

クリップへの金メッキにチャレンジしました。まず小学生にはあり得ない難度の高い実験で不安もありましたが、何とかひとり2個くらいは完成させることができてホッとしています。本物の純金箔を材料として用いました …

続きを読む


サイエンスイベントご参加ありがとうございました

サイエンスイベントご参加ありがとうございました。ちょこっと実験体験では、定番のメダル色(金銀銅)のメッキを実施しました。実際には、本物の金や銀ではないのですが…。その他、簡単演示実験や展示教材の紹介な …

続きを読む


スーパー炭電池でモータを回してみました

11/15(日)・16(月)『スーパー炭電池をつくる』炭やアルミホイルなどの材料から組み立てて、モーターにつけたプロペラが回転するところまでできました。こんな簡単な素材で電池ができるなんて不思議ですよ …

続きを読む


銅板に絵文字を描きました

銅板に化学反応で絵文字を刻むという実験を実施しました。酸化還元反応というちょっと難しい話もしましたが、アートな作品の持ち帰りができて満足かなと!銅板を鉄イオンを含む水溶液に浸すと銅が溶け出します。この …

続きを読む


珍しい科学現象をつくって観察しました

さすがに子どもには操作は難しいかと思ったのですが、ある理由で余った材料があったので、ついつい操作法を紹介、実施してしまいました。やってみればなんてことはない、非常に良いものができました。化学の世界では …

続きを読む


電磁力で回るアルミモーター

磁石と乾電池を用いると、アルミホイルがくるくる回転します。いわゆる電磁力によって回転運動が起こるという、モーターの原理の学習です。もう少し、勉強が進むと「単極モータ―」という名称で扱われることが多いも …

続きを読む


ガラス細工にチャレンジしました

手持ちのガラス廃材があったので、ガラス管を熱して溶かし、中にビーズやスパンコール類を入れ込みました。今回もまたまた大変リスクの高い実験ですが、子供たちは難なくクリアしました。持ち帰り作品は、マドラーに …

続きを読む